誰でも働きやすい警備という仕事

病院、学校、デパートから交通関係まで鍵のかかる所ならいたる所で働き先があるのが警備のバイトだ。日給は1万円前後が一般的で、面接を受け合格すると約30時間の研修を受ける必要がある。大体の会社は5日間に分け、その間のお給料はもちろん支給されるのだ。
仕事の中には雨風の中立ちっぱなしの物からイベントで有名人に会える物、花火大会の交通整理等があるが、共通して言えるのはどれも人の役に立ち、感謝されるという事である。男性に人気なのは施設警備の仕事である。防犯カメラの映像をチェックし、決まった時間になったら巡回に行くだけで、それ以外は空調のきいたテレビがある部屋で自由に過ごせるのだ。主に深夜の仕事が多いため、一人で巡回というのが平気な人にはお勧めである。女性は人数が少ないから常連さんに顔を覚えてもらいやすく、直接感謝の言葉を言われることや、授乳室や女子トイレの巡回ができることから日中の商業施設が人気である。また警備業界は慢性的に人出不足なので、自分の希望勤務時間が通りやすく短期のバイトは学生の休みを利用した応募が多く、適度に体を使うため運動にもなる事からシニアの応募も増えていて、比較的誰もが働きやすい仕事と言えるのだ。また姿勢がよくなる事や立ち振る舞いが綺麗になるというのも嬉しい。しかし中には面接で落ちる人がいるのも現実だ。理由としては身だしなみが不潔、人の話を聞いていない等の他に1発で落とされるのは面接に遅刻するという時間を守れない事である。